FIFA19の選手のキャリアモードで日本から世界で活躍するプレーヤーを目指す

ついに今年も発売になったFIFAの最新作FIFA19ですが、発売日に手に入れて早速楽しんでいます。

FIFAの完成度が高いためそこまで前作から変わった印象はありませんが、プレー感などは少し調整が必要そうですね。

スポンサーリンク

選手キャリアモードでブログ復活

前作のFIFA18ではあまりブログを書くことはできませんしたが、FIFA19からはまたプレー記録を書いてみたいと思います。

またキャリアモードを中心に書いていこうかと思っているのですが、FIFA19では選手のキャリアモードをメインに取り上げてみます。

監督モードよりやれることは少ないですが、一人のプレーヤーの成長と成功を楽しめるモードとして個人的には結構好きなんですよね。(あまりオンラインをやっていなかったFIFA16の頃によくプレーした記録があります。)

イニエスタのチームメイトからスタート

今回はテーマとして日本から海外の一線で活躍するプレーヤーを育てていきます。

というわけで、最初に所属するのはもちろんJリーグです。選手の能力の初期値からするとどのチームでも試合に出られるかもしれませんが、せっかくあの世界的にイニエスタがヴィッセル神戸に所属していますので、チームメイトになってプレーを勉強していきましょう。

ゲーム設定は基本的にそのままで、レベルだけはUltimateにしておきます。

オリジナル選手の設定

自分が使用する選手として実在する選手を選ぶこともできますが、せっかくなのでオリジナルのプレーヤーを作ります。

外見については後からいくらでも変えられますので、体格やポジション、プレースタイルなどを最初に決めておきます。

今回はざっとまとめるとこんな感じです。

  • 攻撃的MF
  • Box to Box
  • 身長170cm
  • 体重68kg
  • 本当は日本代表にしたかったけど収録されていないのでプレミアリーグ移籍を視野に入れてEngland国籍

身長は低いけど体格はがっしり目。ポジションは中盤であればどこでもできるイメージです。

キャリアモードは点を取った方が評価が高くなるのでポジションはCAMにしましたが、前線にボールが回ってこない時に自分でもしっかりDFできるようにBox to Boxを選びました。

中盤をタフに走り回って最後のゴールまで絡める選手になりたいですね。

まずはトレーニングをマメにこなして、Jリーグでしっかり試合に出られるようにがんばろう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加