選手キャリアモード1年目の後半戦はデンマークのチームへレンタル移籍

選手のキャリアモードを始めて最初の半年間は、まさかのレンタルオファー無しで、所属チームのアヤックスでプレーすることになりました。

3試合に1回ぐらいのペースで先発させてはもらえるものの、もっと出場機会を増やして能力を上げたいと思っていたところ、冬の移籍期間に入ると早速レンタルのオファーが届きました。

オファーの内容とレンタル移籍することになったチームについて、まとめて書いていきます。

スポンサーリンク

エールディビジの下位チームかデンマークの上位チームか

ほぼ同じタイミングでレンタルのオファーが2つ届きました。1つはエールディビジの下位チームであるSCヘーレンフェーン、もう1つはデンマークのAalborg BKというチームです。

希望はイングランドのチャンピオンシップだったのですが、オファーを保留にして最終的に移籍先が見つからなくなるもつらいので、今回はこのどちらかのチームから選ぶことにしました。

ポジションがフォワードであることを考えると、試合中に能力値を上げるためには、ゴールやドリブルを成功させることが重要であるため、勝てるチームの方が望ましいです。

そう考えると、同じリーグ内の下位チームに移籍するのは、あまり有効ではなさそうです。

デンマークのAalborg BKに移籍することにしました

検討した結果、今回はデンマークのチームに移籍することにしました。

リーグが半年経過した状況で、順位が4位ということもあり、フォワードとして成長するためには良い環境だと思ったからです。

デンマークのチームはコペンハーゲンぐらいしか知りませんでしたが、半年間修行するつもりで行ってきます。

移籍直後からチームの主力選手で出られた

あわよくばタイトルを取る!ぐらいのつもりで移籍を承認したのですが、移籍して予想外だったのは、順位が4位というのは4/12だったということです。

つまり、リーグの規模が小さく、全部で12チームしかありませんでした。上位の3チームとは少し開きがあり、優勝は難しいかもしれません。

しかし、1シーズンが11試合x3の全33試合行われることから、出場機会を増やすためには良いリーグだと思います。チームメイトのOVRは60台の選手が多く、移籍直後からエースとして先発することができました。

エールディビジに比べると、相手ディフェンダーの動きが遅いため、積極的な仕掛けでゴールも狙っていけそうです。

上位のチームとはいえ、あまり味方から決定的なパスは受けられなかったため、上背が無い分少し下がってボールを受けたりする工夫は必要かもしれません。

ファーストゴールは優勝候補のコペンハーゲン相手に、ゴール前でコネてコネて決めました(笑)

半年間は試合とトレーニングで能力を上げて、アヤックスに戻った時はレギュラーの座を掴めるようにしたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカーゲーム好きにオススメ!