チームの層の薄さに泣く レスターのキャリアモードまとめ2016年11月〜12月

満を持してスタートしたレスターのキャリアモード。

スタートで少々つまづいたものの、10月は好調を維持することができました。この勢いで一気に順位を上げていきたいところです。

前月までの結果を見る
プレミアリーグ開幕!レスターのキャリアモードまとめ2016年8月〜10月

スポンサーリンク

好調から一転して悪夢の3連敗

2016年11月の結果はこちら。

  • ●0-2 ベジクタシュ(CL)
  • ●0-1 ウエストブロム
  • ●0-1 ワトフォード
  • △1-1 オリンピックリヨン(CL)
  • ○1-0 ミドルズブラ
  • ●0-3 BRENTFORD(EFL CUP)

10月の好調が嘘だったかのようにいきなりの3連敗。

中盤の要であるドリンクウォーターがベジクタシュ戦で負傷し、3ヶ月の離脱となりました。

前線のムサやカプスカといった選手を無理やり中盤で起用するも、なかなか結果に結びつきません。

また、この月の最終戦ではチャンピオンシップのチームに負けてしまい、EFL CUP敗退が決定しました。

まさかの5試合連続引き分け

続いて、2016年12月の結果は以下の通りでした。

  • △0-0 サンダーランド
  • △1-1 セビージャ(CL)
  • △1-1 マンチェスター・シティ
  • △1-1 ボーンマス
  • △1-1 エバートン
  • △1-1 ウエストハム

まさかの5試合全てが引き分けでした。何とかゴールは取れるものの勝てない展開が続きます。

レスターの特徴である前線からのプレスでボールを奪って一気にカウンターというサッカーを実現したいのですが、なぜかゴール前に押し込んでパスで崩すというかつてのバルセロナのような試合になってしまいます。

このギャップを崩せない限り、この負のスパイラルから抜け出せそうにありません。。

ツートップを止めてワントップを採用するか、スリートップにしてしまうのか。思い切った決断が必要です。

シーズン前半戦の結果

12月で2016-2017シーズンの前半戦が終了しました。ここで各大会の結果を一度まとめておきます。

プレミアリーグ

2016年12月プレミアリーグの順位
今シーズンを半分終えた時点での順位は12位。相変わらず厳しい展開が続いています。

前半戦は、チームの層の薄さがモロに出てしまう結果となりました。

CLやカップ戦も勝ちにいった結果リーグでも思うような結果が出ないという悪循環、、後半戦は移籍も含めてチームを根本から変えていかなければ順位を上げることは難しいと思います。

目標はEL出場圏内、つまり5位以内ですので、ここから挽回できるように戦略を考えていきます。

EFL CUP

2016-2017シーズンEFL CUPの結果
EFL CUPは準々決勝でチャンピオンシップのチームに敗退しました。

これは日程的に選手の疲労が溜まっていたため、先発の選手を大きく入れ替えたのが失敗でした。

他に残っていたチームもそこまで強豪というわけではありませんでしたし、ここは無理をしてでも勝ちにいくところでしたね。

後半戦はFAカップがありますので、心機一転がんばりたいと思います。

チャンピオンズリーグ

2016-2017シーズンCLはグループリーグで敗退
CLのグループリーグは結局1試合も勝てずにグループリーグで敗退でした。

選手の能力としては対等に戦えていたのですが、選手層の薄さから後半で体力が落ちて失点するという試合が多かったです。

試合数が多いプレミアリーグのチームがCLに参加する場合は、チームの層を厚くするのは必須だと感じました。

後半戦は試合数が減ることになりますが、ローンや移籍などでチームの状況を整えて再スタートしたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカーゲーム好きにオススメ!